打ち合わせする人たち
  • ホーム
  • 年金で株投資をすると詐欺被害から身を守れる

年金で株投資をすると詐欺被害から身を守れる

OKサインを出す男性

最近仕事を定年退職した人で株などへの投資を始める人が増えています。
考えられる理由はまず年金だけでは心配なことです。
定年になりこれからの定期収入は年金のみという人も多いですが、その場合普段の食費や電気代など日常的な生活費はそれで賄えます。
しかし例えば夫婦のどちらかが急に予定外に病気になったりした場合などを考えますと少しでも資産を増やしておきたいと考えるためです。

もう一つの理由は、今まで興味はあったもののできなかったためです。
投資のような分野は好きだったとしましても会社に勤めていれば株の研究をするような時間はありませんし、そもそも証券会社の営業時間中に店舗に出掛けていくこともできません。
ですのでなんとなくやらないままで来たという人も多く、それでやっと時間ができたので新たに始めるというわけです。

今から株の勉強を始めますと一つ利点があります。
それは投資詐欺などの被害に遭わないことです。
このような被害は定年後の世代の人がターゲットになってしまうものですが、自分が投資について詳しくなっていけば知識がありますからそういう詐欺に騙されなくて済むというわけです。
こういうメリットもあります。

そして年金生活の人に最適なのが少額投資非課税制度NISAです。
NISAは投資で得た配当金や分配金、譲渡益などを非課税にできる制度です。
条件がありまして年間の投資額が120万円までという限度枠があるのですが、定年後の収入が年金のみという人にとりましてはお金を使い過ぎないという防御にもなりますのでかえってメリットとも言えます。
さらに現在はその限度枠が120万円になったことも好都合です。
当初は100万円だったのですが、年金は2か月に一度振り込まれまして年6回ですので、6で割り切れる120という数字は計画が立てやすいのです。
その枠内でどう投資していくか考えるのも楽しい作業になります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ